Winckler JP

打錠機 (研究開発スケール)

MEDELPHARMは、フランス・リヨン市で設立された打錠機専門メーカーです。取扱いの打錠シミュレーターは、ロータリー式の打錠条件をシングルパンチ式で再現するなど、研究開発(R&D)分野に非常に特化しており、MEDELPHARMは、それら打錠データの取得及び詳細な分析が可能なソフトウェアの開発も行っています。打錠機及びソフトウェアの両面から、粉末分析及び配合サポートのための革新的なソリューションを提供しています。 MEDELPHARM Science Labは、科学者と技術者の専門チームで構成されており、顧客のリクエストで試験を行い、処方や粉体特性の課題について顧客をサポートします。またMEDELPHARM Distribution では、研究開発から生産まで、粉体処理に関するノウハウを用いさまざまなソリューションを提供しています。

「STYL’ONE EVO」 研究開発用 打錠シミュレーター

STYL’ONE EVOは、API(医薬品有効成分)の特性評価などの初期段階から生産スケールにいたるまで、あらゆるフェーズにおける打錠性調査を可能にした打錠シミュレーターです。
最大の特徴は、シングルパンチの機構でありながら、本圧・予圧のデュエルタイムを含めた生産用ロータリ-式打錠機の打錠条件をミミック(模倣・再現)することができる点です。STYL’ONE EVOの心臓部となる、強力な駆動システムとソフトウェアで制御される低慣性ブラシレスモーターに加え、上杵と下杵が独立して駆動することで、生産用ロータリ-式打錠機をミミックするうえで必要となる、高い打錠加速と打錠速度を実現しています。
また、本来生産用ロータリ-式打錠機では大量の製品が必要となりますが、STYL’ONE EVOはその設計・ソフトウェア的特性ゆえ、極めて少量の製品で特性調査が可能となります。
さらには、あらかじめ保存されている200台を超えるロータリー式打錠機のプロファイルを呼び出し、それぞれの固有な特徴をも再現し、シミュレーションすることも可能です。

とりわけ研究開発の観点からソフトウェアも充実しており、上杵及び下杵の打錠圧や杵位置 (Displacement = 変位)はもちろんのこと、排出圧、臼壁圧、テイクオフ圧の測定及び分析、また、本圧と予圧のデュエルタイムや、排出速度、充填時間などの評価も可能です。

「STYL’ONE NANO」 研究開発用 テーブルトップ式打錠シミュレーター

STYL’ONE NANOは、API(医薬品有効成分)の特性評価などの初期段階から小規模生産スケールにおける打錠性調査を可能にした、テーブルトップ式打錠シミュレーターです。

エア駆動の上杵とサーボモーター駆動の下杵によって杵位置 (Displacement = 変位)をコントロールし、V-shape(シングルパンチ打錠) / 本圧・予圧及び小型 ロータリー式打錠 / Square(延長デュエルタイム打錠)の、3パターンの打錠方式が再現可能となっています。打錠ターゲット値は、圧力設定(kN / MPa)もしくは杵ポジション設定の2方式で可能です。
生産前のパーツ取り付けは最小限となっており、製品充填に関しては、グラビティフィーダーやパドルフィーダーによってだけではなく、極少量の原料での生産を可能とするため、手充填でも可能となっています。

付属ソフトウェアAlixがインストールされたノートパソコンが操作用のHMIとなるなど、ソフト面からも非常にユーザーフレンドリーな構成となっています。このAlixソフトウェアでは、機械パラメーターの設定だけでなく、生産後のデータ取得やデータ分析及びグラフ作成等、製品調査に必要なすべての作業を行えるようになっています。

勿論、打錠データをCSV形式(.csv)で取得したり、監査証跡をPDF形式(.pdf)で保存することも可能です。

お問合せはこちら