Winckler JP
FOODTECH2020 出展報告
FOODTECH2020 出展報告

第一回フードテックジャパンに出展いたしました

 2020年11月25日より3日間開催された第一回フードテックジャパンに出展いたしました。コロナ禍での開催となりましたが、皆様のご来場、誠にありがとうございました。フードテックジャパンは出展社400社(※)、合計来場者約2万人(※)の規模の展示会となりました。 その中でもひときは美しいフォルムとコンパクトさ、的確なロボットの動きでご来場の皆様を魅了したシューベルト社のフローパッカー。その反響を交え出展のご報告をさせていただきます。

 ※同時開催ドリンクジャパンを含む見込み数値 主催者HPより
 ※2020年11月30日速報値   主催者HPより

SCHUBERT

2020年より弊社はシューベルト社の日本総代理店となりました。弊社からの展示会出展は今回が初めてとなり、その反響の良さに期待が高まります。

製品をピックアップするハンドも様々な仕様の実現が可能です。「崩れやすい製品もこれらなら期待できそう」と良い印象をお持ちいただきました。フローパッカーは、せんべいやラスクといった割れやすい製品にも既に実績がございます。

シューベルト社の機械のコンパクトさやデザインの美しさについては世界でも定評があります。今回、ご来場の皆様からも機械そのもののデザインの美しさについても多くの好評をいただきました。
シューベルト社では、機械のフレームやHMI(Human Machine Interface)などをデザインする企業と提携し、産業機械の域を超えた造形の美しさを実現しているのです。

また、同社は製造工場の設計においても専門のデザイナーを採用し、従業員が働きやすい労働環境を実現することを目指しました。これは2018年のドイツの「ファクトリーオブザイヤー」で総合優勝を果たし、デザイン性、生産システム、品質管理の点において広く実績が認められることになりました(※)。これらデザインへのこだわりは、単なる見た目の美しさだけでなく「イノベーションと標準化」に軸をおいたTLMs(Top-loading packaging machines)のマーケットリーダーとしての強い思いを感じます。

※参照(シューベルト社のHPへ移動します):
https://www.schubert.group/en/newsroom/magazine/article/management/award-winning-gerhard-schubert-gmbh-at-the-factory-of-the-year-conference.html

弊社ではシューベルト社の広報誌「SEQUENCE2020」の日本語版を発行しております。ここではご紹介しきれないシューベルト社の最新技術が満載です。数に限りがございますので、ご希望の方はお早めにお問合せまで!(無償でご提供しております)

Sobatech

 ソバテック社は、パン、ビスケット、スナックなどのあらゆる種類の食品生地の2軸オーガー連続製造装置の専門メーカーです。

各液体原料及び粉原料を定量供給し、プレミックスしてから混練工程に連続投入することで高い配合精度が得られます。製造中、生地の温度はコントロールされ、設定された温度を保持しながら混錬、醗酵するように設計されています。また、装置本体は通常の床設置タイプと天井吊り下げタイプを選択可能です。
「連続的に正確に生地を作れる技術はすばらしい。製造工程の省人化に貢献してくれそう。」と製パン業のお客様からも期待を寄せる声をいただきました。

ウインクレルでは世界の最新情報、動向を集めて評価し、日本市場のニーズに合うようアレンジした提案を続けていきたいと考えています。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

              ご来場ありがとうございました
お問合せはこちら